OS X 10.9(Mavericks)にHomebrewを導入

公開日: : 最終更新日:2014/09/02 Mac , ,

Homebrewのインストールは実に簡単。
ただし、Homebrewインストールの準備として、

と、それぞれインストールしていることが必須条件。
それぞれのインストールが終わっていない場合は上記のリンクから。

本題のHomebrewのインストール手順は以下。

Homebrewのインストール

Homebrew公式サイトに書かれたコマンドをターミナルから実行するだけです。

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.github.com/Homebrew/homebrew/go/install)"

上記コマンドが実行すべきコマンドですが、バージョンが変わるとコマンドも変わる可能性があるので、最終的にはHomebrew公式サイトに記載のコマンドを実行してください。

上記コマンドを実行すると、

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.github.com/Homebrew/homebrew/go/install)"
==>; This script will install:
/usr/local/bin/brew
/usr/local/Library/...
/usr/local/share/man/man1/brew.1

Press RETURN to continue or any other key to abort

上記のようにインストールを継続するには[RETURN]キーを、止めるならその他のキーを押すよう促すメッセージが表示される。
もちろん、インストールしたいので、[RETURN]キーを。

すると、

Press RETURN to continue or any other key to abort
==>; /usr/bin/sudo /bin/mkdir /usr/local

WARNING: Improper use of the sudo command could lead to data loss<br />or the deletion of important system files. Please double-check your
typing when using sudo. Type "man sudo" for more information.

To proceed, enter your password, or type Ctrl-C to abort.

Password:

と今度は表示される。
WARNINGに書いてあるとおりで、sudoコマンドを実行する必要があるので、パスワード入力を求められる。
もちろんインストールを進めるために、ログインしているユーザのパスワードを入力する。

sudoコマンドが実行できると、、、

Password:
==> /usr/bin/sudo /bin/chmod g+rwx /usr/local
==> /usr/bin/sudo /usr/bin/chgrp admin /usr/local
==> Downloading and installing Homebrew...

上記のように表示され、Homebrewのダウンロードが開始されインストールが開始する。

インストールが無事終了となると、

<省略>
HEAD is now at 1cb5cfb lhasa: add 0.2.0 bottle.
==> Installation successful!
You should run `brew doctor' *before* you install anything.
Now type: brew help

と、上記のとおり「Installation successful!」と表示されればインストールは完了!

Homebrewの確認

さて、無事インストールが完了したら、完了時のメッセージにあるようにターミナルで以下のコマンドを実行してみる。

$ brew doctor

上記コマンドは、依存関係も含め問題がないかチェックし、問題があった場合はその解決策を示してくれる。
本サイトにある手順のようにクリーンインストール後にここまで進めてきた場合は、特にエラーも表示されることなく、以下のように表示されるはず。

$ brew doctor
Your system is ready to brew.

過去に経験したところだと、MacPortsとかをインストールしているとエラーが表示されるようだ。
その場合は、画面指示に従えば問題はなくインストールが完了するはず。

Homebrewの更新

インストールしたばかりではあるが、一応以下コマンドを実行し最新に更新をしておく。

$brew update
Already up-to-date.

すでに最新であれば、上記のように表示される。

Homebrewでwgetをインストール

Homebrewを利用してパッケージされたソフトウェアをインストールする方法をwgetのインストールを例に以下に記載する。
まずは、インストールしたいwgetを検索してみる。

$brew search wget
wget	   wgetpaste

上記のように「wget」と[wgetpaste]が見つかった。
インストールしたいのは[wget]なので、以下コマンドでインストールする。

$ brew install wget

もし依存関係があって必要なものがあっても途中でインストールしてくれる。
例えばwgetにはopensslが必要になるので、以下のように表示される。

==> Installing wget dependency: openssl
==> Downloading https://downloads.sf.net/project/machomebrew/Bottles/openssl-1.0
######################################################################## 100.0%
==> Pouring openssl-1.0.1f.mavericks.bottle.tar.gz
==> Caveats

さて、目的のwgetが無事にインストールが完了すると、

==> Downloading https://downloads.sf.net/project/machomebrew/Bottles/wget-1.15.m
######################################################################## 100.0%
==> Pouring wget-1.15.mavericks.bottle.tar.gz

とインストールが完了する。

Adレクタングル[忍者ADMAX]

関連記事

OS_X_Mavericks_hero_wave

Mac OS X Mavericksの初期化

日々使っているのは、Mac Book Air。 最初のうちは必要な情報と必要なツールのインストール

記事を読む

スクリーンショット 2014-06-16 16.37.23

Mac OS X 10.9(Mavericks)にVagrantを導入

Vagrantの説明は省略しますw 詳しくはVagrantのサイトを参照してください。 事前

記事を読む

virtualbox

OS X 10.9(Mavericks)にVirtualBoxを導入

仕事柄、様々なサーバOSを扱うのですが、いきなり本番環境では試せないし…ということもあり、また手元で

記事を読む

java_logo

OS X 10.9(Mavericks)にJDK(Java Development Kit)を導入

Mavericksの初期化手順を書いたので、各種の環境構築手順をしばらくはメモとして記載していくこと

記事を読む

Xcode

OS X 10.9(Mavericks)にXcodeをインストールする

Mavericksの初期化手順を書いたので、各種の環境構築手順をしばらくはメモとして記載していくこと

記事を読む

コメントを残す

Adレクタングル[忍者ADMAX]

RabbitMQ.sh-600x600
EC2上のRabbitMQをMulti-AZで冗長化

うーん。。。ハマった。 多分、もっとErlangのこと把握できていれ

aws_logo._V400518270_
AWSでRoute 53をPrivate DNSとしてVPC内で使ってみた

Amazon Web Services(AWS)のRoute 53がV

nginx_logo
NginxでのSSL設定(もうちょっと詳しく)

単に、 とするだけではなくて…というエントリ。 ちなみにRHEL系を

→もっと見る

  • Author:
    hiro
    Work:
    インフラエンジニア
    Brief History:
    新卒後、ソフトハウスにて受託開発を中心に開発エンジニアを始める。
    数年前から現在はITインフラが専門。
PAGE TOP ↑